二重整形で自信を身につける【クリニックを利用して二重整形を行う】

費用を把握する

ウーマン

二重整形の詳細を知ろう

美容整形の数多くある施術の中でも常に人気を集めているのが「二重整形」です。施術方法には切開法と埋没法の2通りがありますが、糸を埋め込んで二重ラインを形成する埋没法が主流になった頃から費用もぐっと下がり、10代や20代の若い女性からの支持が絶大なのです。実際にかかる費用ですが、切開および縫合して二重整形を行う切開法では約20万円?30万円が相場と言われています。一方の埋没法の相場は5万円?15万円程です。金額に大きな開きがある事には理由があります。埋没法の場合は使う糸や、糸を留める箇所数によって金額が変わるからです。例えば、1点留めと言って、その名の通り1本の糸を1箇所だけで留めて二重を作る場合は約5万円程ですが、3点留めや4点留めになると15万円程かかる事があります。費用だけで考えると、糸が外れて一重に戻ってしまう可能性のある埋没法で15万円を払うなら、効果が一生続く切開法で20万円払った方が良いのでは・・・という考えもあるでしょうが、逆を返せば埋没法であればやり直しが可能な事、施術時間が15分程度と短い事、痛みが少ない事などのメリットもあります。費用面も考慮しつつ、最適な施術方法を選ぶためには医師への相談が必要不可欠です。一言で二重整形と言っても施術方法は大きく分けて2種類あります。一つは瞼を切開し、縫合する事で二重の線を作る手術です。このやり方を「切開法」と呼びます。そしてもう一つは切らない方法です。医療用の特殊な糸を瞼に埋め込んで二重の線を作るので「埋没法」と呼ばれます。特に埋没法はいわゆる「プチ整形」と呼ばれ人気が集中しています。メスを使わない分手軽に施術を受ける事が出来たり、施術後の腫れや赤みなどのダウンタイムが切開法に比べると軽度で済んだりするのです。また、費用面に関しても埋没法の方が安く済む為、特に学生など若い世代の女性人気が高い傾向にあります。しかし、だからと言って万人に埋没法が適しているという訳ではありません。切開法のメリットは糸が取れたりする心配のない、半永久的な効果が得られる事です。また、元々の瞼に脂肪が多い場合は切開法ですっきり切除できますし、二重の線が薄っすらもないような瞼でもはっきりした線が作れるのは切開法なのです。どちらの施術方法が適しているかは、患者本人の理想とする二重整形がどのようなものなのかの希望や予算、施術前の瞼の状態によって異なります。施術方法を選ぶ際は事前のカウンセリングで医師としっかり相談しましょう。

Copyright© 2018 二重整形で自信を身につける【クリニックを利用して二重整形を行う】 All Rights Reserved.