二重整形で自信を身につける【クリニックを利用して二重整形を行う】

傷の治りを早めるためには

カウンセリング

失敗を防ぐために必要な事

二重整形の施術を受けてから日常生活に戻れるまでの期間をダウンタイムと言い、この期間の過ごし方によってまぶたの腫れや内出血の状態が違ってきます。ダウンタイム中に制限される事は色々ありますが、当分控えた方がいいのが入浴・サウナ・飲酒で、血行が良くなるため腫れや内出血を促進させる可能性があります。シャワーは可能ですが湯船はNGで、施術後1週間は控えた方がいいでしょう。メイクは施術から3日後から可能で、術後の赤みなどをカバーすることができます。しかし濃いめのアイメイクは避け、メイクを落とす際には患部を強くこすらないように注意しましょう。二重整形後のダウンタイムを少しでも短くするには、外出を控えて安静に過ごし、アイシングを徹底する事で傷の回復を早めることができます。保冷剤などを使って患部を冷やし、施術後数日はしっかりケアをして下さい。また寝る時には頭を心臓よりも高くすると、患部の出血を抑え傷の治りがよくなります。パソコンやスマートフォンなどを長時間見ると、目が疲れ回復の妨げになるので、目を酷使するような行為も避けて下さい。そして水分や塩分の取り過ぎは体がむくみ傷の治りが遅くなるので、水分の過剰摂取、味の濃い物、刺激物はなるべく避けましょう。二重整形を行うクリニックが決まったらカウンセリングを予約しましょう。電話やWEBから簡単に予約をすることができ、カウンセリングまでになりたい二重をイメージし、どうなりたいかメモにまとめたり、自分のイメージに近い写真などを準備しておいたりするといいでしょう。カウンセリングに行く際にはメイクをしたままでOKで、場合によってはメイクを落とす場合もあるので、メイク道具は持って行くと安心です。二重整形で失敗しないためにはカウンセリングが重要で、医師に自分の希望が伝わらなければ理想の二重を手に入れることができません。カウンセリングでは自分の理想の二重の形や幅、普段のメイクについて、手術で何を求めているのかしっかりと伝えることが大切です。理想の二重が医師からすると不自然になる場合もあり、自分の顔に似合う二重の幅をシミュレーションしてもらいましょう。メイクをした時に映える二重にしたいのか、すっぴんの時に不自然にならない二重がいいのか伝え、いつでも元に戻せる方法がいいのか、永久性のある施術がいいのか等、手術に何を求めているのか伝えることも必要です。二重整形は失敗の少ない施術ですが、施術のメリット・デメリット、万が一のリスクについても聞いておきましょう。

Copyright© 2018 二重整形で自信を身につける【クリニックを利用して二重整形を行う】 All Rights Reserved.