綺麗な顔になるために|二重整形で自信を身につける【クリニックを利用して二重整形を行う】

二重整形で自信を身につける【クリニックを利用して二重整形を行う】

綺麗な顔になるために

婦人

顔と施術の関係

自身の顔に自信がない中で多いのが、一重にコンプレックスを持っている人です。そのため二重整形を検討する人がいますが、中には仮に施術を受けても改善されないのではないかという不安を抱えている人も少なくありません。そのためどのような顔が二重整形に向いているかを知っておくと良いでしょう。まず知っておきたいのが二重整形には大きく分けて二つの施術があり、それぞれの施術で向いている顔が異なります。まずメスを使わない、いわゆる埋没法と呼ばれる施術で、メスを使わないため簡単に受けることができます。そのため初めて利用する人も安心して施術を受けることが可能ですが、まぶたが厚い場合は糸が途中で切れてしまうこともあり、結果として施術の効果が得られないことがあります。そのため埋没法は、まぶたが薄く脂肪が少ない顔の人に向いていると言えます。一方でメスを利用する切開法は半永久的に効果が得られるだけでなく、まぶたが厚い人でもしっかりと効果を得られるのが大きな特徴です。そのため二重整形だけでなく、まぶたが腫れぼったいのがコンプレックスという人も施術を受けることでコンプレックスの解消に繋がることがあります。ただし比較的金額が高く、施術後に腫れなどが発生することがあります。このように二重整形の方法によって向いている顔が異なるため、自身の顔にどちらの施術が向いているかを事前に確認しておくと良いでしょう。二重整形を行うことが決まったら、当日の流れについても知っておくことをおすすめします。どちらの二重整形施術を受ける場合も基本的な流れは同じで、クリニックを訪れ事前の誓約書にサインを行うこととなります。またこのときに料金の支払いも同時に行うこととなりますが、場合によっては事前のカウンセリングの際に半金、二重整形施術前に半金といった形で支払うこともあります。それらが終わればいよいよ施術を受けます。埋没法も切開法も局部麻酔で施術を受けることになりますが、緊張していたり余計な力が入っていたりすると内出血が出やすくなるためリラックスして受けるよう心がけておかねばなりません。ただしどうしても局部麻酔が苦手な場合は全身麻酔を行ってくれるクリニックもありますが、その分費用は高くなってしまいます。施術自体は約1時間前後で終わり、その後おおよそ20分程度冷却し、施術後の注意点などの説明を受けてから帰ることになります。施術を受けたその日はまぶたが腫れてしまうため、できる限り自身で運転するのを避け、公共機関などを利用して帰宅する方が良いでしょう。その後術後の経過を見るために通院しますが、埋没法は腫れが引くのに3日前後、切開法だと2週間前後必要となります。施術を受ける場合は施術後の出来上がりや料金だけでなく、腫れが引くまでの期間等も計算に入れることをおすすめします。

Copyright© 2018 二重整形で自信を身につける【クリニックを利用して二重整形を行う】 All Rights Reserved.